■ 神社 神様

常盤神社と常盤杉 瑞浪市寺河戸町

 今から約700年ほど前、明智の豪族の娘、常盤姫が土岐頼兼の妻となりました。

 ある時、ふとしたことで家臣の嘲笑を受けたことを苦にして、この辺りで土岐川へ身を投げました。

 この渕を常盤渕と呼ぶようになり、常盤姫を祀っています。

 身を投げた折、杉の若木を切り取り杖にしていたものを河岸に突き刺しておいたものが根付き大木に成長し、これを「逆さ杉」「常盤杉」として後世の人が語り伝えたともいわれます。

 今は古木は枯れ、新しい杉にかわっています。


観光PR動画の撮影・作成は・・・

関連記事

  • カテゴリー

  • 地区

TOP