■ 下街道

中切追分の道標 瑞浪市釜戸町中切

中切辻の道標

 この場所を中切追分といい、二本の道標は下街道(伊勢道)と中街道(中山道と下街道を結ぶ道)を示している。
 右中街道を示す道標は明治15年建立。
 左伊勢道を示す道標は寛政10年建立。

(瑞浪市下街道マップより)

中切追分の道標 二基

①刻銘 寛政十年戊午四月建
 左、伊勢道
 高さ133cm、巾21cm

② 右 中街道、中仙道・御嵩駅達
 明治十五年六月建立

② 右 中街道、中仙道・御嵩駅達
 明治十五年六月建立
 高さ 157cm、巾 35cm
 基礎石 巾57cm 高さ30cm
 塔身奥行36cm

 


関連記事

  • カテゴリー

  • 地区

TOP