■ 句碑句額歌碑

小井戸の俳聖供養句碑 瑞浪市稲津町萩原

 1750年ころ瑞浪の各地で句会が盛んになり、芭蕉の句の供養碑として石碑が建てられました。

 梅の香に のっと日の出の 山路かな  (稲津町萩原小井戸路傍)

芭蕉句碑

 寛政年中(一七八九~一八〇〇)に建てられた句碑
 「梅の香にのっと日の出る山路かな」の芭蕉の句碑があり、ギネスブックに記録された世界一の大皿「瑞祥」の図柄はこの句碑に因むものである。
 この句碑は郷土の俳人露松、高木、平輔、頑龍寺によって寛政年間に建てられたもの。

(『萩原郷土史 水穴』より)


写真・動画の撮影~HP作成~印刷物作成は・・・

関連記事

  • カテゴリー

  • 地区

TOP