■ 下街道

桜の木跡と秋葉燈籠 瑞浪市釜戸町

桜の木跡と秋葉燈籠

 この秋葉灯篭は、区の人が毎日交代で灯篭に灯をともしてお祈りをされています。

 ここには、昔、緋桜の木があった。桜の木は今はありませんが、この辺りは今でも「桜の木」と呼ばれています。道を挟んで石仏二体と灯籠があります。石仏には、左から寛政2年(1790)、文化10年(1813)と刻まれ、燈籠には左に「秋葉山大権現J 、右に「金比羅大権現」の文字が刻まれています。

(瑞浪市下街道マップより)


関連記事

  • カテゴリー

  • 地区

TOP