■ 寺院 石仏

宝篋印塔(笹於姫伝説) 瑞浪市土岐町

 鶴ケ城落城に伴い、城主(土岐頼兼)の縁者 笹於姫が落人となり、当地付近で敵の手により息絶えました。若くして非業の死を遂げたことをいたみ、地元住民の手により、宝篋印塔が建てられたと伝えられています。
 この付近の辻を、立ち往生の場がなまり「タチオバ」と言います。
 宝篋印塔は、現在、個人の屋敷内に安置されており、秋には、笹於姫の冥福を祈る慰霊祭が地元の人達により行われています。

(土岐地区郷土再発見より)

※個人の屋敷内にありますので、配慮をお願いいたします。

土岐頼兼の笹於姫を祀る明神(奥名)



ドローン撮影・360度カメラ撮影・ジンバル撮影などの撮影もおまかせください!

関連記事

  • カテゴリー

  • 地区

TOP